タグ:古代ぶえ「天吹」 ( 2 ) タグの人気記事

「宮神楽=古代「かぐやぶえ」=「天吹」の音(ウタヒ)初公開」 

2011/8/29
「宮神楽=古代「かぐやぶえ」=「天吹」の音(ウタヒ)初公開」
 竹酔庵「天吹工房」情報

宮神楽=古代「かぐやぶえ」=「天吹」の音(ウタヒ)初公開.mp4
taktok9 143 件の動画

http://youtu.be/aHeyh4DndYc




日本の古代ぶえ(竹)は、もっぱら神楽に使用されました。
太(フト)ぶえ・和笛・神楽笛・天の鳥笛(長笛)など・・・。
「天吹」は、その原型・原点となったものです。
壱越=太古より、この音(ラ)が12律のはじめに来る音(基音)と考えられました。
神の音=(ラ)=コノ音が真ん中の位を占め「中声一鳴、神人和楽」
=「もなかの こえ ひとたび ならば あまない たのしまん」 の音 とされています。
コノ音(ラ)を神に配した(すなわち「天御中主神」=最高位の神)のです。
神官が内陣で「おぉ~~」とオメキ応えるのも高音(一点・ラ)です。
古神道での岩笛も、神の音としている、“高い一越”(二点・ラ) の調です。
また、巫女の弓箏や、宮神楽の清掻(すがき)の曲を弾く「大和琴」も
一越を基にしているという事です。
「天吹」の基音どりは、【鳴弦の儀』に用いる波動(ラ)の音程なのです。


「かぐやぶえ」*原型[天吹]神(カンクラ)楽=甬の音(ウタヒ).mp4
taktok9 143 件の動画

http://youtu.be/msTQnsVxokw



taktok9 さんが 2011/08/28 にアップロード



祝詞を唱えるのに 古代笛【天吹】は
「宮神楽」 とともに吹奏(ウタヒ)されたのでした。
【宮神楽】=神楽の起源とされています。

天津祝詞の布刀詔言(フトノリトゴト)を宣れ・・・。
・・・此く宣らば・・・。
フト思いついた音(ウタヒ)を、
甬(フエ)に託して ♪ 宣(言挙げ)する。
さて、龍孫は 今日この時に・・・
いったい何を思いついた のでしょうか?


*「宮神楽」ウタヒ。
これまで幻の笛とされてきた「天吹」:甬の原型がコレです。

*【宮神楽】=神楽の起源とされています。
神の降臨を喜び、其の神域に神聖な気を広げるために
行われた宮神楽の「阿知女作法」と言うのがあります。
天照神の「岩戸隠れ」との関連があるのかも知れません。

*阿知女作法(わざ)
「あちめ おおおお おけ あちめ おおおお おけ おおお おけ」
というものです。
祝詞を唱えるのに 古代笛【天吹】は
「宮神楽」 とともに吹奏(ウタヒ)されたのでした。
♪嗚呼、何と面白く 楽しいことでしょう 
悪気(オケ)もさやげ さやげよ・・・。
「ちはやふる」といって 大いに楽しんだ とされて いる。
『千盤破人(チワヤブル)を *和せと 
まろわぬ国を治め と 』= 柿本人麻呂

*【和】の元字は、口 すなわち龠(フエ)に禾で、
はじめは"和"字の逆でした。

【音の民俗・民具】:
by 竹酔庵 龍孫 
= 民俗・民具学者 の はしくれ のうわも・・・。


古代神(かんくら)笛「天吹」紹介=♪天の祭りウタヒ

♪ 永き夢 天の祭りお 
立て置けよ 屍の宮に 
神楽お 奏せば緒解け
人成るぞ 祭りなければ 
天恵み 漏れて落つるぞ

祝詞を唱えるのに 古代笛【天吹】は
吹奏(ウタヒ)されたのでした。
大昔も、今も、あまり変わらないと言うことでしょうか?
コレも、いま今 の日本の状況 をウタッタ ものです。

【宮神楽】=神楽の起源とされています。

天津祝詞の布刀詔言(フトノリトゴト)を宣れ・・・。
・・・此く宣らば・・・。
フト思いついた音(ウタヒ)を、甬(フエ)に託して
♪ 宣(言挙げ)する。

さて、龍孫は 今日この時に・・・
いったい何を思いついた のでしょうか?

♪ 「コノ クソ暑いときに やるか?! ダレタ~! 」 トカ
ふと 思った か(笑) 
今、いま・・・。 


<民主代表選>野田氏、決選投票で海江田氏破る
2011年8月29日 14時35分 (2011年8月29日 14時58分 更新)
新代表に決まり、周囲の拍手に応える野田佳彦財務相=東京都内のホテルで2011年8月29日午後2時34分

 民主党は29日、菅直人首相の後継を決める代表選出のための両院議員総会を東京都内のホテルで開き、新代表に野田佳彦財務相(54)を選出した。第1回投票では過半数を獲得する候補がおらず、決選投票の結果、野田氏が215票で、177票だった海江田万里経済産業相(62)を破った。30日に首相指名選挙が衆参両院で行われ、野田氏が第95代、62人目の首相に就任する見通し。新首相は、震災の復興や原発対応などに加え、党内融和やねじれ国会を踏まえた野党との協力関係構築が課題となる。


カテゴリ:
音楽
タグ:
• 古代ぶえ
• かぐや姫「かぐやぶえ」
• 「宮神楽」
• ウタヒ
• 幻の笛
• 「天吹」の原型神の降臨
• 神域
• 神聖な気
• 宮神楽
• 「阿知女作法」天照神
• 「岩戸隠れ」
• 阿知女作法
• 祝詞
• 千盤破人
• まろわぬ国を治め
• 柿本人麻呂
• 【音の民俗・民具】
• 竹酔庵
• 龍孫
• 古神道
• うわさ

タグ: かぐや姫 民俗楽器 神楽

[PR]
by unp-tenp | 2011-08-29 17:52 | 動画記録された記事

「天吹」:「かぐやぶえ」の唄を考察

まぼろしの古代笛「天吹」:「かぐやぶえ」についての考察

「天吹」が、「かぐやぶえ」に 先祖がえり?!

【かぐや姫 ♪ かぐやぶえの唄】 考  
竹酔庵「天吹工房」:伊達次宗 情報 【まぼろしの古代ぶえ】


♪兎のお耳はなぜ長い?
♪お宮の姫様が・・・

以上のフレーズはとても意味深長ですね。
そこで、大胆な仮説をたててみる。

中央政治:平安・平城京(京都・奈良)が成立した頃、
都から遠い薩摩隼人の地で歌われた雛歌が、
都にも隼人によって持ち込まれ伝承された。
やがて、「わらべうた」=「手まり唄」・「数え歌」などとして、
各地に伝播、伝承されてきた形跡があったのをリサーチしてみた。

***************************

古代ぶえ「天吹」が、「かぐやぶえ」に先祖がえり・・・幻の【かぐや甬】=「かぐやぶえ」の唄 復活・誕生・・・。

さらに "進化" したのだね!

思いがけず、古代の甬(と書く)= 古代ぶえ「天吹」が、
現代にマッチした笛として、生きのこる為の知恵がハタライテよかった。
「縄文の森」でのインスピレーションが、功を奏したらしい。
伝承に情熱を傾ける価値が認められつつあるのは、嬉しいですね。

???!!!

浜田浩太郎氏(京都在住)=〔薩摩隼人〕との出会いが生んだ伝承、嬉しい復活。
場所が「縄文の森」で、というところも、なにか因縁じみていますね。
☆「かぐや姫」=竹取物語など、説話・民話の研究を国語教育に生かしたいと、「産文研」などでご活動のお方が、コレは「かぐや姫」に縁のつながる笛ですねぇ!と思わず言われたのには其れなりの理由、訳が・・・。
浜田浩太郎氏は京都在住、「京都産業大学日本文化研究所」の上席特別客員研究員であり、『ことのは塾』を主宰なさっておられます。

ウェブ上からみた人物像 : 浜田浩太郎氏

http://spysee.jp/%E6%B5%9C%E7%94%B0%E6%B5%A9%E5%A4%AA%E9%83%8E/1595106/

http://www.kyotokotonoha.jp/profile.html

>竹の笛にも非常に興味がありました。しかし、今まで「天吹」という笛は
 正直全く知らなかったです。まさに、"灯台もと暗し"でした。
>最近、かぐや姫の竹取物語を神話として研究する機会を得まして、調べていくうちに、その話の源流は、京都や奈良ではなく、鹿児島であることを知りました。確かにかぐや姫の里がありますが。関西には、隼人族の痕跡が多く残り、その伝承や説話が物語としての竹取物語の中に残っているということです。

実は、『竹取物語』は南方の国 発、鹿児島の説話が元だと教えていただきました。

By 竹酔庵 龍孫 = 『民俗・民具写真家』の異名も・・・。


♪兎のお耳はなぜ長い?
♪お宮の姫様が・・・


宮中の姫様が?
ふふ・・・
中央の政治家たちが、(その取巻の女性が)どのようになっているか?
と、兎も耳をそばだてて・・・。


************************

各地に伝播されたものは、NET検索では・・・。


母直伝の手毬歌(タイトル不明)=埼玉県

 http://ameblo.jp/okusama-wa-neko/entry-10655920554.html

コチラは、かなり似通っています。

http://note.b-do.com/note/show/11467

うふふ・・・・・気持ち良いなぁ~

まったりと・・・・午後のひと時お顔を半分お布団にゆだねて・・・・・

ウサギのお耳はなぜ長い・・・
    月のお宮の姫様が お呼びになったその時に
         長く・長く伸びたのよ

コチラも、

うさぎさんのお耳(寝させ唄):和気郡日生町 採譜 奥山勝太郎

http://www.komoriuta.jp/ar/A06082501.html

 うさぎさんのお耳は なぜながい
 母ちゃんのポンポン いたときに
 きゅうりやくさや 食べたゆえ
 それでお耳が ながいのよ

 
コチラは、違うのかな?という感じです。


2010/12/27(月) 22:35 なつみ様 投稿

和歌山の高野町で育ちましたが子供のころに歌った 
まりつき歌が「寝させ歌」だったと知りびっくりしました。
歌い方が違うのかもしれませんね!

うさぎさんのお耳はなぜ長い
月のみやこの姫様が
あゆみのお国へ行くが為
それで長くなったのさ一二三

2011/06/02(木) 12:02 まりも 様 投稿

亡くなった母が歌っていた歌で

うさぎのお耳はなぜ長い
月のお宮の姫様が
お呼びになるのがわかるよに
長く長く伸びたのよ
わっはは わっはは わっははのわっはは

というものでした
ちなみに山梨県北部です

投稿の コチラ、それぞれ、似通っています。

*********************

さらに、【かぐや姫・かぐや ぶえ】伝承 深読みしたいですね。


taktok9 が 2011/08/17 にアップロード

かぐや姫 ♪ かぐやぶえの唄 
生みの苦しみ(愉しみ)を経て・・・、
いよいよ「かぐや笛」の甦生・誕生です。


名前がなくては、復活・普及が困難でしょうから・・・、

「かぐや姫」の唄=【かぐや ぶえ】の唄
を『作直』しなくては(笑)

************************

【かぐや ぶえ】の唄 
:. 竹酔庵 龍孫 ( 作詞・作曲 )=(策士・作直)


兎のお耳は 何故長い 
月のお宮の 姫様が 
かぐやの甬(ふえ)を 聞くために 
長く 長く なりました。

兎のお耳は 何故長い 
兎のお耳は 何故長い 
月のお宮の 姫様の  
歩みの御様子 聞くために 
長く 長く なりました。

兎のお耳は 何故長い 
月のお宮の 姫様が 
お嫁にゆくのが わかるよ(う)に
ながく な(ぁ)がく なりました。

『かぐや笛』 kaguya-bamboo-flute
【かぐや甬】と書いたほうが良いのかも知れません。
とりあえず ひらがな で 表記しておきましょう ・・・。
かぐや姫の=「かぐやぶえ」の唄 の復活・誕生です。

タグ: まぼろしの古古代ぶえ「天吹」代ぶえ「天吹」 『かぐや笛』 kaguya-bamboo-flute
【かぐや甬】 かぐや姫の「かぐやぶえ」の唄 民俗楽器 伝承

参照
http://sky.ap.teacup.com/sonryu/424.html

[PR]
by unp-tenp | 2011-08-20 09:58 | 【天吹】関連の気になる記事