<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

古代笛「天吹」=古曲を吹奏/参考までに

[店じまい・お別れ]パーティー
美味しいピザをご馳走になって、お返し?に[天吹]を吹奏した様子のご紹介です。

古代笛「天吹」=古曲を
参考までに吹奏しました。


この度お集まりの皆様は、特に“食文化”に関心のある皆様(?!)だったのです。
序の「天吹」演奏(無料)コンサートには、耳を貸せません・・あらら~!
時折、談笑の合間に拍手は下さいましたので、そうとばかりは云えませんようで・・・。
古代笛「天吹」の演奏に対して、皆様の“古曲”の関心は案の定イマイチ?でありました。
冒頭、“楽曲などの説明”をしなかったから?・・、そればかりではないのだと思われます。
楽曲の音階が現代にアンマッチ?!
音曲が“鹿児島弁”?方言だから?・・それならば鹿児島のお方には通じる?筈?!。
いやいや・・現代の“鹿児島人”にとっても、古代の音曲(メッセージ性のあるものなど)は、また、神事や仏事などに使用された宗教色の強いものなどは、とても難解でしょうね。ましてや、“方言”の通じない他県のお方や古代語?を解せない、宗教の門外漢のお方等など・・は、無論のこと全くチンプンカンプンでありましょう。
以上のような「天吹」楽曲などの紹介は、古来からの伝統・伝承楽器であるとか、或いは、伝承者の紹介、また伝承の灯を消さないように・・といったたぐ­いの、楽曲とはあまり関係のない既に失われたものに対しての、懐古であったりしたとすれば、一部の研究者以外は恐らく興味半減ですよね。これまでは、純粋に音色や楽曲を作って「天吹」で楽しむなどと­は、遠かったような気がします。
=自戒もこめて=
“未知の音楽体験”を求めて聴いて下さった方などは、半ば欲求不満だったようであった?・・やはり(!)、
懐かしい唱歌・童謡などを盛り込んで吹奏すれば、(リクエストに応じた即興で、多少の失敗があっても)かなり楽しんでいただけるのでした。

伝承曲のなかで、音楽的に美しいメロディーだったりの興味深いものはあるが、もし、その部分だけをことさらに誇張したり反復した­りして演奏されることがあるとしたら、元の何らかの意味のある古典作品(ある種のメッセージ)の形を崩すことになって、本来は許されないことであろう。­もしも、限られた伝承曲とされているものだけを扱えば、"過去の文化財"としてのみで、魅力を失ない、活力に乏しくなり、早晩滅­びる運命となるであろう。
“文化財”としての伝承は、大切です。「天吹」も例外ではないでしょう。薩摩・二才唄や稚児唄などの優れた音楽性をもった音曲や格調高い歌詞などは、なんとか後世に伝えたいものです。
鹿児島の二才(にせ)=若者たちが、「天吹」の楽曲を覚えるために唄ったと思しき“戯れ唄”(=卑猥な歌詞)なども、伝承7曲(=実は8曲)とされている曲の中には散見されるのですが、これなども、当時を回顧するにはとても大切な“文化財”ではないでしょうか?=許されるならば、楽曲だけでなく、いくつか覚えたその“戯れ唄”も是非ご紹介(一部紹介済み)したいとも思っています。
【天吹 ノ オト】=堂仙の掲示板 ♪ 古流「天吹」奏者=虚堂
  http://8407.teacup.com/ryuson/bbs 
しかしながら・・元の“何らかの意味のある古典”作品の形を崩すことは避けなければなりませんね。そこらへんが・・
古流「天吹」:古曲「天吹」の魅力なのですから・・・。
以上の事柄を充分に踏まえた上で・・
やはり、「天吹」は現代にマッチした楽器としての"進化"が待たれてたるように思うのです。

「天吹」が生き残るには、今後“進化したふえ”とならなくてはいけませんですね。

http://youtu.be/opehV0aBiZ8



「天吹」演奏 =古流天吹:By竹酔庵 龍孫 .wmv
投稿者: taktok9 | 2011/10/10 | 再生回数 10 回

http://youtu.be/Te4s-QgFqMw



天吹=「タカネ」吹奏:竹酔庵 龍孫 (1).wmv
投稿者: taktok9 | 2011/10/10 | 再生回数 10 回


読み込んでいます...

[店じまい・お別れ]パーティー
美味しいピザをご馳走になって、お返し?に[天吹]を吹奏した様子を順次upしましょう。

http://happy.ap.teacup.com/ryuson/736.html?rev=1

*薀蓄*

古代笛:「天吹」の現状と将来

「天吹」の紹介は、古来からの伝統・伝承楽器であるとか、或いは、伝承者の紹介、また伝承の灯を消さないように・・といったたぐ­いの、楽曲とはあまり関係のない既に失われたものに対しての、懐古であったりした。また、純粋に音色や楽曲を作って楽しむなどと­は、遠かったような気がする。=自戒もこめて=(未知の音楽体験を求めて来てくださった方々などは半ば欲求不満だった?)
本来、楽器の性格(性能)からしても、また、奏者自身"いと個人的にたしなむ楽器"とした扱いから、これまでは劇場空間などで多­くの聴衆を魅了するなどという事にはなり得なかった。【歴史講演会】では興味をそそった?!
それは、『天吹』があくまでも、いと個人的に"たしなむ"という性格が強いのに加え、神事や仏事での法器としての楽器でもあった­?からと、のちに"独奏"楽器として伝承された(薩摩琵琶との協奏はあった?)それすらも禁止されてしまったという楽器として不­幸な歴史もあったりしたからに他ならない。

『天吹』という楽器は、歴史的にも、その優れた音楽性を開発してゆかなくてはならない段階ではある。
伝承曲のなかで、音楽的に美しいメロディーだったりの興味深いものはあるが、もし、その部分だけをことさらに誇張したり反復した­りして演奏されることがあるとしたら、元の何らかの意味のある古典作品の形を崩すことになって、本来は許されないことであろう。­もしも、限られた伝承曲とされているものだけを扱えば、"過去の文化財"としてのみで、魅力を失ない、活力に乏しくなり、早晩滅­びる運命となるであろう。

『天吹』は現代にマッチした楽器としての"進化"が待たれているように思う。

『天吹』が個人的な"吹きすさび"の世界、また、宗教など特殊の場でのみ行われるものであったら、すでに終わってしまったものの­整理・整頓ということで、今後の発展は望めないのではないかと思う。

現代文化のなかで鹿児島、日本の音楽文化として、この『天吹』という楽器・楽曲の世界での位置付けが、はたして可能であるか?
古代から伝承されてきた『天吹』が、アジア・日本・鹿児島の現代文化の一翼を担う民俗器楽として自信をもって、現代を乗り切って­ゆくことが出来得るのか? そして、何よりも、わが国の歴史的・古代笛としての位置ずけは可能であるのか?"まぼろしの笛"ということで終わらせたいのか、幕を引きたいのか?・・歴史講演会は可能であったのか?=先年、「ふるさと維新館」で歴史講演と銘打って(ネーミングは主催者の希望))やっちゃいました(汗)。宗教の範疇で扱うことや、特権階級の楽器としたりすること、そして限られた伝承曲のみを扱うことなどを超え、伝統楽器、『天吹』­という器楽の本来を踏まえつつも、新たな創作とによって、また、自由に吹くことのできる環境を整えることとで竹製・縦笛『天吹』­の"今日的な音楽性の開発と発展を妨げる障害"を払拭できるのかもしれない。
これは、『天吹』製作・奏者、また研究者・伝承者の一人として、積年の夢。
* 

「鹿児島民俗学会」誌に発表した論文(一部抜粋)と重複するところがありますが、「天吹」の未来にとって大切な事柄でもあること­から、多くの人に知っていただこうと思ったのでした。・・また、思いが、こころざしが同じであった、故・伊達悠三郎(友三郎)義父への追悼­と、その末娘(妻)の気持ちを汲んだ、ということでもあります。

bY 竹酔庵 龍孫

[PR]
by unp-tenp | 2011-10-13 09:45 | 古代笛:演奏=【You-Tube】動画

古代笛「天吹」を ~続続々~ 音が出せるようになりました.

窯元店舗で古代笛「天吹」を ~続続々~
「天吹」:音が出せるようになりました.wmv
taktok9 184 件の動画

http://youtu.be/HVVvMho6hCU
taktok9 さんが 2011/10/10 にアップロード

[店じまい・お別れ]パーティー
おお!上達しましたね。
♪ [浜地鳥]?ではなく・・ ♪[浜千鳥]に聞こえたら・・ご喝采!
古流「天吹」宗家=(コンナノハ本当はありまっせ~んのですよ(笑)
*これは、批判を込めたパロディー?!) 弟子入りのご本人からの要請がありました。
女流:「天吹」教室?いやいや[かぐやぶえ]教室を開かなくては・・
女性「天吹」指導者の教室には、雄(オノコ)が集ってきそう?競う!(笑)

********************************************* *薀蓄*
http://happy.ap.teacup.com/ryuson/736.html?rev=1

『天吹』は、全長約30㌢程度の「コサン竹」と呼ばれてもいる「布袋竹」製の三節の短笛で、よく知られている「尺八」の類であるが、かなり特異のもの。
『天吹』は習い始めてすぐに、よい音色を出すのがかなり困難なこともあり、なかなか身近な楽器とはなりにくい特殊なものとみてよさそうだ。
現に今日では、その他にも様々ないきさつもあって、これらのふえを吹き伝える者が極端に少数となってしまっている。

古代笛:「天吹」の現状と将来
「天吹」の紹介は、古来からの伝統・伝承楽器であるとか、或いは、伝承者の紹介、また伝承の灯を消さないように・・といったたぐいの、楽曲とはあまり関係のない既に失われたものに対しての、懐古であったりした。また、純粋に音色や楽曲を作って楽しむなどとは、遠かったような気がする。=自戒もこめて=(未知の音楽体験を求めて来てくださった方々などは半ば欲求不満だった?)
本来、楽器の性格(性能)からしても、また、奏者自身"いと個人的にたしなむ楽器"とした扱いから、これまでは劇場空間などで多くの聴衆を魅了するなどという事にはなり得なかった。【歴史講演会】では興味をそそった?!
それは、『天吹』があくまでも、いと個人的に"たしなむ"という性格が強いのに加え、神事や仏事での法器としての楽器でもあった?からと、のちに"独奏"楽器として伝承された(薩摩琵琶との協奏はあった?)それすらも禁止されてしまったという楽器として不幸な歴史もあったりしたからに他ならない。

『天吹』という楽器は、歴史的にも、その優れた音楽性を開発してゆかなくてはならない段階ではある。
伝承曲のなかで、音楽的に美しいメロディーだったりの興味深いものはあるが、もし、その部分だけをことさらに誇張したり反復したりして演奏されることがあるとしたら、元の何らかの意味のある古典作品の形を崩すことになって、本来は許されないことであろう。もしも、限られた伝承曲とされているものだけを扱えば、"過去の文化財"としてのみで、魅力を失ない、活力に乏しくなり、早晩滅びる運命となるであろう。
『天吹』は現代にマッチした楽器としての"進化"が待たれているように思う。
限られた伝承曲のみを扱うことなどを超え、伝統楽器、『天吹』という器楽の本来を踏まえつつも、新たな創作とによって、また、自由に吹くことのできる環境を整えることとで竹製・縦笛『天吹』の"今日的な音楽性の開発と発展を妨げる障害"を払拭できるのかもしれない。
これは、『天吹』製作・奏者、また研究者・伝承者(妻とともに)の一人として、積年の夢。

* 「鹿児島民俗学会」誌に発表した論文(一部抜粋)と重複するところがありますが、「天吹」の未来にとって大切な事柄でもあることから、多くの人に知っていただこうと思って・・また、思いが、こころざしが同じであった、故・伊達悠三郎(友三郎)=義父に捧げたい追悼の気持ちもあります。

bY 竹酔庵 龍孫
カテゴリ:
音楽
タグ:
•古代笛
•「天吹」伝統・伝承楽器
•現状と将来
•歴史講演会
•音
•[店じまい・お別れ]
•パーティー
•竹酔庵
•龍孫
ライセンス:
標準の YouTube ライセンス


http://youtu.be/9ilhL7c-cEw
"天才的"「天吹」いきなり音が出て本人もビックリ!.wmv



投稿者: taktok9 | 2011/10/10

"天才的"少女現る!とか取りざたされますが・・
コチラ天才「天吹」おばさん(笑)
いきなり音が出て本人もビックリなさいました。
このようなお方は、経験上きわめて稀なケースでしたよ。
正に"天才"なのかも知れません。
早速「天吹」をレンタルしてしまいました。
やがて、きっと女流[「天吹」]吹き となることでしょう。
付記しておきます(笑)。
[PR]
by unp-tenp | 2011-10-13 04:11 | 古代笛:演奏=【You-Tube】動画

窯元店舗で古代笛を ~続~ 「天吹」竹材について

窯元店舗の[店じまい・パーティー]で古代笛を吹奏
taktok9 さんが 2011/10/10 にアップロード
友人の窯元店舗の[店じまい・お別れ]パーティーで古代笛を吹奏した様子。


http://youtu.be/WT2XIUFNTLI



****************

製作を待つ「天吹」&「青葉の笛」」竹材  「天吹」=テンプク

http://happy.ap.teacup.com/applet/ryuson/msgcate5/archive?b=30
製作を待つ「天吹」&「青葉の笛」」竹材  「天吹」 = テンプク

囲炉裏で十分に煤をまわしてから気が向くと?製管します。
現在はこの天井も煤けて 真っ黒に"くろ光り"しています。

竹材は「コサンダケ」=布袋竹 & 「ダイミョウチク」=蕩竹

愛用の様々な ふえ  「天吹」 = テンプク

  龍孫がこの頃吹いた様々な ふえ

愛用「天吹」&「青葉の笛」  「天吹」 = テンプク

龍孫がこの頃良く吹いているふえ「天吹」&「青葉の笛」
 ”先祖伝来の古ぶえ”とか、良い笛に恵まれて幸せです。

「天吹」ライブ=天文館  「天吹」 = テンプク

「天吹」&「ディジュリドゥ」・ライブ演奏
        ~出会いはいつも面白い~
   世界一大きなふえ&小さなふえのセッション。


「天吹」初ライブ「滝つぼ効果!~その②」    「天吹」 = テンプク

  滝つぼ「天吹」ライブ~初演~
  ~ここで、このときに出会った臨時楽団~


縄文杉の元で  「天吹」 = テンプク

屋久島「縄文杉」の写真を探していたら、この島で暮らした時の、数万枚の屋久島関係の写真の中からこんな珍しい写真がでてきました。
昔、田嶋直士氏とご子息とをご案内した時のスナップですが、
竹酔庵「龍孫」が吹禅=(長尺・三尺の尺八)しているところを写してくださっていたもので。。。
? ”プロ写真家がふえを吹いているのを、プロのふえ吹きが写した”?。。。という。。。前代未聞?の。。。珍映像。。。
「田嶋 師」の写真=「椙杜親水」(屋久島ネーム)提供=の、この時の【田嶋氏の尺八吹奏の話題】が地元新聞に2枚も掲載されるという快挙となった。

 そう、平成3~4年頃には、樹の真近で遊べたのです。
『屋久島の山中に一人の聖老人が立っている 齢およそ七千二百年という…』というような、山尾三省(故人)さんの詩は。。。。もう生まれない。。。


「天吹」(てんぷく)の竹材①  「天吹」 = テンプク

古代笛「天吹」は、山野に自生する胡産竹(こさんだけ)=破竹の根元三節で作られた、尺八を小型にしたような、尺一寸足らずの縦笛です。
「天吹」の竹材は、我が国で「布袋竹」=「コサン」とも呼ぶ、鹿児島では、わりあい普通に山手で何処にでも生えている竹です。たけのこ食材で一般的に知られています。

掘り起こした根っこの付いた竹の、下部から三節残して切り取りますが、節と節の間隔には、おおよその決まった寸法があります。
最下部の節までは指二本、次の節までは一握り、その上の最後の節まではひと握りと指二~三本ほど、といったような寸法の取り方です。ですから、作る人によって、竹材の選び方はマチマチとなります。実は、竹の長短・太さ(内径)によって音(高低)が決まるわけですから、本来、かなり重要な要件ではありますが、独奏楽器の場合、他の楽器と合わせる事が無いため、それでも差し支えなかった訳です。写真上部が「布袋竹」=ホテイチクです。

横笛の「青葉の笛」の竹材は、「台明竹」=ダイミョウチクです(鹿児島ではデミョダケとも呼ばれる)。この竹も、美味な たけのこ食材 として一般的に知られています。
写真下方が「台明竹」です。武士が多かったせいか?鹿児島では,俗に「大名竹」と漢字が充てられたりしますが、本来は「台明竹」が元の名前、国分市に「台明寺」と呼ぶ寺院が幕末まであって、古くは、我が国では、そこでのみ産する竹であったからなのです。現在の鹿児島では、布袋竹同様に普通にそちこちに生えています。

**************
 photo.by 堂仙 Kit. ●龍孫記念館=【天吹工房】にて撮影

テーマ: 邦楽
タグ: 古代笛 天吹 竹材

***************
[PR]
by unp-tenp | 2011-10-11 16:50 | 古代笛:演奏=【You-Tube】動画

窯元店舗の[店じまい・パーティー]で古代笛を吹奏

taktok9 さんが 2011/10/10 にアップロード
友人の窯元店舗の[店じまい・お別れ]パーティーで古代笛を吹奏した様子。

http://youtu.be/DANA73YbauA



「天吹」:屋久島の鄙唄 「ヤクの子守唄」By竹酔庵 龍孫.wmv
taktok9 186 件の動画 チャンネル登録 登録リストに追加しました
読み込んでいます... 6 回再生
読み込んでいます...
taktok9 さんが 2011/10/10 にアップロード
[店じまい・お別れ]パーティー
美味しいピザをご馳走になって、お返し?に[天吹]を吹奏した様子を順次upしましょう。

****************

「天吹」~レッスン2~ 古流「天吹」=竹酔庵 龍孫.mp4 taktok9 186 件の動画

http://www.youtube.com/user/taktok9#p/u/10/li0BsqcyZOs
taktok9 さんが 2011/07/21 にアップロード
「天吹」講座~レッスン・2~ 古流「天吹」=竹酔庵 龍孫.

「天吹」 レッスン ~1~ 古流「天吹」=竹酔庵 龍孫.
mp4http://www.youtube.com/watch?v=9Z2Oevi5h20

*************************** 以上 コノ歌のルーツも、五木の鄙唄・歌詞など、ドチラが後先かは今のところ不明ですが、ご多聞に漏れず長い歴史のなかで様々伝承があるのでしょう。

*************

http://happy.ap.teacup.com/applet/ryuson/msgcate5/archive?b=30

「天吹」初ライブ「滝つぼ効果!~その②」  「天吹」 = テンプク
--------------------------------------------------------------------------------
滝つぼ「天吹」ライブ ~初演~  By椙杜親水
~ここで、このときに出会った臨時楽団~
http://happy.ap.teacup.com/ryuson/65.html
「天吹」で、屋久島の鄙唄 「ヤクの子守唄」も
即興オリジナル曲とともに演奏されています。

bY 竹酔庵 龍孫
カテゴリ:
音楽
タグ:
•「天吹」
•屋久島の鄙唄
•「ヤクの子守唄」
•滝つぼライブ
•初演
•臨時楽団
•By竹酔庵
•龍孫
•子守唄
•吹奏
•[店じまい・お別れ]
ライセンス:
標準の YouTube ライセンス

***************

http://youtu.be/mQO4dSBsyCM




この動画は一般公開です。
6 回再生
評価する 追加先 共有

taktok9 さんが 2011/10/10 にアップロード
[店じまい・お別れ]パーティー
美味しいピザをご馳走になって、お返し?に[天吹]を吹奏した様子を順次upしましょう。

「天吹」~レッスン2~ 古流「天吹」=竹酔庵 龍孫.mp4 taktok9 186 件の動画

http://www.youtube.com/user/taktok9#p/u/10/li0BsqcyZOs
taktok9 さんが 2011/07/21 にアップロード
「天吹」講座~レッスン・2~ 古流「天吹」=竹酔庵 龍孫.

「天吹」 レッスン ~1~ 古流「天吹」=竹酔庵 龍孫.
mp4http://www.youtube.com/watch?v=9Z2Oevi5h20

*************************** 以上 コノ歌のルーツも、五木の鄙唄・歌詞など、ドチラが後先かは今のところ不明ですが、ご多聞に漏れず長い歴史のなかで様々伝承があるのでしょう。

*************

http://happy.ap.teacup.com/applet/ryuson/msgcate5/archive?b=30

「天吹」初ライブ「滝つぼ効果!~その②」  「天吹」 = テンプク
--------------------------------------------------------------------------------
滝つぼ「天吹」ライブ ~初演~
~ここで、このときに出会った臨時楽団~
http://happy.ap.teacup.com/ryuson/65.html
屋久島の鄙唄 「ヤクの子守唄」は、「天吹」で演奏されています。

bY 竹酔庵 龍孫
カテゴリ:
音楽
タグ:
•「天吹」
•屋久島の鄙唄
•「ヤクの子守唄」
•滝つぼライブ
•初演
•臨時楽団
•By竹酔庵
•龍孫
•子守唄
•吹奏
•[店じまい・お別れ]
ライセンス:
標準の YouTube ライセンス


taktok9 さんが 2011/10/10 にアップロード
[店じまい・お別れ]パーティー
美味しいピザをご馳走になって、お返し?に[天吹]を吹奏した様子を順次upしましょう。
************************************「一かけ二かけ」の コノ歌

全国各地で、ほぼ同内容の歌が歌われていたようですが、歌詞・曲には多様なバージョンがみられます。

http://mippi.jp/mmland/ichikake.htm
********************************************
http://mippi.jp/mmland/matsunokoe.htm
参考
「松の声」=「一かけ二かけ(て)」と関わりが深いと思われる歌。
作詞・作曲:神長瞭月  明治40年(1907)

1 あゝ夢の世や夢の世や 今は三年(みとせ)のその昔
時も弥生(やよい)の半ばころ いと懐(なつ)かしき父母(ちちはは)や
2 十有余年(じゅうゆうよねん)がその間 朝な夕なに眺(なが)めたる
春は花咲き夏茂り 秋はもみじの錦衣(にしきぎぬ)
3 冬は雪降る故郷(ふるさと)の 心も残る山々や
月さえ宿(やど)る清水(きよみず)に 惜(お)しむ別れをステーション
4父母は涙のうるみ声 三年の後(のち)に汝(なれ)が顔
見るが我等の楽しみぞ 倦(う)まずたゆまず専心(せんしん)に
(以下略)
*******************************************************
≪参考図書≫ 「日本のうた」第1集明治・大正 編集:野ばら社編集部発行所:株式会社野ばら社 1998年6月1日初版発行)
*************************** 以上 コノ歌のルーツは ご多聞に漏れず様々あるようです。

**************************************お願い

*リンクはご自由にして頂けます。(ご連絡も不要です。)
但し、子供達に見せられない様な内容を含んだページ
へのリンクは、"固く"お断りいたします。m(_ _)m
*HP内容の「無断引用」「無断転載」はご遠慮下さい。
--------------------------------------------------------
****「わらべうた・わらべ歌・わらべ唄・童歌・童唄...」****

一般的な表記の仕方はどれなのでしょうか・・・・
ここでは取り敢えず、大人も子供も読みやすそうな
わらべ歌」で、表記して行きたいと思っています。
--------------------------------------------------------
=*= リンクバナーです。よろしければご利用ください =*=

****************

火災報知器取り付け工事で頭をしたたか打ち付けた後で、傷になったオデコを隠すための帽子をかぶって(例のリサイクル品が役に立った)。また、シクシク虫歯の痛みを押しての吹奏で、いささか不本意(言い訳は見苦しい?)ではありました。
bY 竹酔庵 龍孫
カテゴリ:
音楽
タグ:
•「天吹」
•「一かけ二かけ三かけて」
•手まり歌
•わらべうた・わらべ歌・わらべ唄・童歌・童唄
•吹奏
•[店じまい・お別れ]
•パーティー
ライセンス:
標準の YouTube ライセンス


****************
[PR]
by unp-tenp | 2011-10-11 16:10 | 古代笛:演奏=【You-Tube】動画

「天吹」の現状と将来の考察

「天吹」の現状と将来
鹿児島民具学会~研究発表から~

http://happy.ap.teacup.com/applet/ryuson/msgcate8/archive
音の民具 民俗

http://happy.ap.teacup.com/ryuson/810.html
伝承者追悼・大隅ふえと、幻の「天吹」=研究発表(要旨)  音の民具 民俗

【伝承者追悼・大隅ふえと、幻の「天吹」】
  鹿児島民具学会=研究発表(要旨) 

 於:かごしま県民交流センター 
【伝承者追悼・大隅ふえと、幻の「天吹」】


【伝承者追悼・大隅ふえと、幻の「天吹」】
「鹿児島民俗学会」誌に発表した論文と重複するところがあるが、「天吹」の未来にとって大切な事柄でもあることから、また、思いが、志が同じであった伊達悠三郎先生の追悼という気持も手伝って、『天吹』製作・奏者、また研究者・伝承者の一人としての積年の夢も語った。

『天吹』の現状と将来

○『天吹』は、奏者自身が個人的に楽しんできた楽器であった。また、楽器の性格(性能)からしても、これまでは劇場空間などで多くの聴衆を魅了するなどという事にはなり得なかった。
先ごろ行われた、ふるさと維新館の【歴史講演会】=幻の「天吹」=龍孫 では大いに興味をそそった?!

○『天吹』は古い時代には雅楽に用いられ、また神事や仏事での法器としても使われてきた楽器であった。そして、後に武士が “たしなむ”楽器、さらに個人的に吹きすさぶ“独奏”楽器として伝承されてきた。また、近年になってそれすらも禁止されてしまったという歴史があった。

○歴史的にも、『天吹』という楽器は、現在は優れた音楽性を開発してゆかなくてはならない段階ではある。限られた伝承曲とされているものだけを扱えば、“過去の文化財”としてのみで、魅力を失ない、活力に乏しくなり、早晩滅びる運命となるであろう。『天吹』は現代にマッチした楽器としての“進化”が待たれているように思う。

○古代から伝承されてきた『天吹』が、アジア・日本・鹿児島の現代文化の一翼を担う民俗器楽として現代を乗り切ってゆくことが出来得るのか? そして、何よりも、音楽情操教育楽器としての位置ずけは可能であるのか?

○限られた伝承曲のみを扱うことなどを超え、伝統楽器、『天吹』という器楽の本来を踏まえつつも、新たな創作とによって、また、自由に吹くことのできる環境を整えることとで、身近な竹製楽器・縦笛『天吹』の“今日的な音楽性の開発と発展を妨げる障害“を払拭できるのかもしれない。

   【鹿児島民具学会】誌=【20号】=掲載分

投稿者: 龍孫
[PR]
by unp-tenp | 2011-10-08 13:38 | 歴史にみる古代笛【天吹】

宇和島10万石・伊達氏は、昔むかし鹿児島に、・・・

詩吟=南洲先生作「兵児謡」:木村岳風.wmv

http://youtu.be/aW2UDNBVsb0



詩吟=南洲先生作「兵児謡」:木村岳風.wmv

taktok9 165 件の動画
チャンネル登録 登録リストに追加しました
読み込んでいます...

18 回再生
taktok9 さんが 2011/10/03 にアップロード

詩吟【兵児謡】(西郷隆盛):木村岳風 POLYDOR -B8092
この南洲先生とは?伊達宗城ではなく、西郷隆盛先生です。
宇和島10万石城主:伊達宗城は、書で、「南洲」の雅号を使っていました。
幕末、西郷隆盛の先生?であった、と思っています。

********************************
[ 天吹ノート] http://sky.ap.teacup.com/sonryu/
« 冠雪「桜島」 | Main | 門松 »
「書初め?(書かれ初め!)」  うっ しっ 詩 
http://sky.ap.teacup.com/sonryu/204.html?b=10

江戸幕府の命令?で鹿児島・大隈に下っていたという宇和島・伊達氏の紹介もあって、二人は、"維新の志士"達と共に頻繁に会っていたようです。
********************************
*宇和島10万石・伊達氏 は、昔むかし鹿児島に、・・・。
その後どうも、国(愛媛)に戻る約束をホゴにされたという。幕末・島津氏の外国奉行となって(密)貿易?を仕切っていたという。義父:伊達友三郎は、伊達愛左衛門・孫に当り、宇和島伊達氏直系の末裔で、親類縁者の合議により、コノ伊達氏を正式に継いだ者だったそうです。どうりで、先代の風貌はソックリ(DNA)さん=歴史の裏側=マル情報(初) 


http://www008.upp.so-net.ne.jp/tomeas/date8.htm
伊達村候(宇和島藩第5代藩主)二男が旗本三千石山口直清で、この血統から、伊達宗紀(宇和島藩第7代藩主)=伊達村壽の長男‐ 伊達宗城(宇和島藩第8代藩主)。島津家や德川家からの養子縁組話もあったが、全て断り、政宗公以来の伊達氏の血統にこだわり山口直勝の三男で家臣伊達壽光の養子であった宗城を養嗣子とした。
*********************************
http://wave.ap.teacup.com/applet/tenpuk/msgcate9/archive?ap_protect=zyrrg5grmix
[ 天吹 秘帖 ] 【 天吹 秘帖 】=  maruhi = ?閲覧パスワード? が必要です。

記事カテゴリ
• 古流「天吹」 宗家 (6)

2/9 【天吹忌】 :【謫...
「【天吹忌】 :【謫居抄】~ 閑雲畤 休宗 一睡 ~ 」  
古流「天吹」 宗家
「幕末~明治期の伊達宗徳・宗城・宗紀 」
****************************************************************

かなり気合の入った木村岳風木村岳風の詩吟・吟詠ですね。
木村岳風の詩吟 SP=A面A-8092【櫻花詞】のB面です。
昭和7~8年頃の吹き込みでしょうか?
あまり紹介されていないようですので、UPしました。
カテゴリ:
教育
タグ:
詩吟
南洲
雅号
先生
伊達宗城
幕末
維新の志士
兵児謡
気合
木村岳風
吟詠
宇和島10万石・伊達氏
外国奉行
幕末・島津氏
歴史の裏側
マル秘情報(初)
ライセンス:
標準の YouTube ライセンス
読み込んでいます...
3:50 追加先 SP盤「まぼろしの笛」:荒川文子 WMVユーザー: taktok9再生回数 2 回
3:30 追加先 猫もうっとり「五木の子守唄」:戦前SP盤を聞くユーザー: taktok9再生回数 13 回
3:08 追加先 第六師団行進曲(A)=マニアックな曲です。[MPEG].wmvユーザー: taktok9再生回数 9 回
3:00 追加先 第六師団行進曲(B)=マニア垂涎の曲 [MPEG].wmvユーザー: taktok9再生回数 6 回
1:08 追加先 尋常小学「國語讀本の正しい讀方」:第十七、けんやくと義損ユーザー: taktok9再生回数 9 回
2:27 追加先 南州神社例祭にて西郷南州を吟ずるユーザー: gogo26268再生回数 13 回
1:54 追加先 Kinyukai Shigin - Takarabune 詩吟宝船観水流米国錦友詩吟会ユーザー: tomgal27再生回数 59 回
2:29 追加先 全国初級(無段~二段)大会優勝者吟詠ユーザー: kansaiginshi再生回数 209 回
1:01 追加先 薩摩の士魂 詩吟CDユーザー: topcopykagoshima再生回数 292 回
4:25 追加先 来賓吟詠「謫居之作」ユーザー: shigindaisuki再生回数 90 回
2:14 追加先 偶感(西郷南洲).MPGユーザー: tanmitu再生回数 155 回
4:06 追加先 平成20年指導者級吟士権者吟詠大会 (4分)ユーザー: kansaiginshi再生回数 9,774 回
3:52 追加先 詩吟 正親流 南総里見八犬伝~序の章~ユーザー: Mr19650914再生回数 951 回
3:48 追加先 白虎隊「詩吟入り」 「byakotai」 「hananosyou」 民謡 Cover 華之将ユーザー: hananosyou再生回数 13,440 回
2:44 追加先 Kinyukai Shigin - Heike Monogatari 詩吟 平家物語の一節 観...ユーザー: tomgal27再生回数 152 回
3:45 追加先 平成20年指導者級吟士権者吟詠大会 (3分35秒)ユーザー: kansaiginshi再生回数 4,469 回

[PR]
by unp-tenp | 2011-10-06 12:53 | 動画記録された記事